ふるものせいかつ図鑑

味のある古道具やDIYの手作り品紹介、リサイクルショップ情報など、盛りだくさん!リユース品や使い道のないようなガラクタ、古く錆びてしまったモノを まだ使えるモノとして活用したい。 生活の場を素敵なインテリアにしたい。そして「日々のせいかつを たのしみたい」新品ばかりではなくて、「今あるもの」や「誰かがつかっていたモノ」でも おしゃれで素敵な暮らしができるはず。そんな思いから始めたのがこの古物インテリアブログ「ふるものせいかつ図鑑」です。

【レトロ風雑貨】外でも家でも遊べるレトロ調カセットテープレコーダー

先日、三郷陶器の50円レトロ大皿についてお話ししましたが やっぱりもう2枚は欲しかったので今日、「まだ残ってるかな〜?」とリサイクルショップに行ってみました。

www.furumono.jp

 

数週間前に見つけたのでもう売れちゃってるかなぁ。。とドキドキしながら棚を探すと、、

 

あった!

 

ちゃんと3枚残っていたので、ちょうど150えん出して3枚とも買って帰りました。

ホッ。

レトロ食器の20円のカップと50円のお皿-ふるものせいかつ図鑑
前回の記事では未使用品か中古品かわからないと言っていましたが、ちゃんとお店で確認してみると「食器は未使用品」と表示してありました〜。

 

話は変わりまして、昨日 家族の持ち物を整理していたんですが その中に興味をそそられたモノがありました。

 

欲しそうにしてたら「あげる」と言われたので、今日から わたしのモノになりましたっ。

 

スポンサーリンク
 

 

レトロな雰囲気のカセットテープレコーダーを家で外で楽しむ!

緑色がオシャレなレトロ風ポータブルテープレコーダー

レトロ風なカセットテープレコーダーは懐かしくてカッコ良い

カセットテープレコーダーです。

 

ポータブル(持ち運び可能)のカセットテープレコーダーで どことなくレトロな雰囲気を醸し出しています。

 

が、昭和レトロ品ではなく15年ほど前に雑貨屋さんで新品で購入したものらしいです。

 

そういえばカセットテープで音楽を聴くのが流行ったのはそのくらいの時期でしたよね〜。

オシャレカセットテープレコーダーはショルダー付のポータブル式

(サイズ:18cm × 12cm)

 

スポンサーリンク
 

 

持ち運べるなら外で使ってみる!

気に入った理由はいろいろあるんだけど、まず、持ち運びできてショルダー紐が付いているところ!

 

肩から掛けて、アウトドアやピクニック、ちょっと外で楽しく使いたい時に すごくいい感じそう〜。

 

近所の公園にピクニック散歩に連れて行っても楽しそう。

屋外でも使えるレトロ風ポータブルカセットプレーヤー
(スマホほど電磁波の心配なさそうだからショルダーにしても安心かな)


スマートフォンを使えば音楽もすぐ流せるし、もっと小さいiPodもあるんだろうけど、なんだかこのテープレコーダーを使いたくなる のはなぜかなぁ。懐かしさ?存在感?

ピクニックにも最適なレトロ風おしゃれカセットテープレコーダー
イヤフォンを付けても使えます。

 

とても気に入ったので日常でも使えないかと考えて…

 

録音可能でメッセージレコーダーとして使ってみる!

昔ながらの重たいボタン部分もレトロな感覚で楽しめるカセットテープレコーダー
きちんと録音機能も付いているので、メッセージボードならぬ「メッセージレコーダー」として使ってみることにしました。

 

家から出かける時に家族あてにメッセージを残したり、手紙みたいに使ったり。

 

台所に置いて、帰ってきたら再生すると留守番電話みたいに「声」が流れてきます。

緑色がレトロなポータブルカセットテープレコーダー
たのしい。。

 

再生すると 若干、早送りのように録音した声が高くなってました。。笑

 

昔、テープレコーダーが再流行した時に友人が「CDより音の雑さがいい」と言いながら聴いていたのを思い出します。

ボイスメッセージレコーダーとしてキッチンに置いて楽しく使うレコーダー
なんだか こもったような、でも柔らかいような音と少し重たいボタンを押す感覚、サイズ感…

 

録音したり、遊んだり...カセットテープにメッセージを録音して「プレゼントメッセージカード」として相手に贈っても洒落てますね。

 

相手がカセットを再生できる環境かわからないけど、ちょっと労力かけてもらってメッセージを聴いてもらうのも それはそれで面白そう〜。

 

しばらくコレでいろんな遊び方をしたくなりそうです。

 

 [ 図鑑番号ー124ばんー雑貨科 レトロチョウカセットテープレコーダー] 

ピクニックで使うレトロ風ポータブルカセットテープレコーダー
<もっとふるもの図鑑記事>

www.furumono.jp