ふるものせいかつ図鑑

味のある古道具やDIYの手作り品紹介、リサイクルショップ情報など、盛りだくさん!リユース品や使い道のないようなガラクタ、古く錆びてしまったモノを まだ使えるモノとして活用したい。 生活の場を素敵なインテリアにしたい。そして「日々のせいかつを たのしみたい」新品ばかりではなくて、「今あるもの」や「誰かがつかっていたモノ」でも おしゃれで素敵な暮らしができるはず。そんな思いから始めたのがこの古物インテリアブログ「ふるものせいかつ図鑑」です。

安くて、レトロ可愛い文房具は50円から。消耗品も古道具で暮らす

古道具やリユース品が大好きで、リサイクルショップ巡りをして生活用品やDIY材料を探す暮らしをしています。

 

いつもお店で見つけては、ちょこちょこ買っているのが「文房具」です。

f:id:furumono:20190711204922j:plain

リサイクルショップで集める古道具やレトロ品の文房具

リサイクルショップや古道具屋さんには文房具がたくさん並んでいるので、同じくちょこちょこ毎回チェックして気に入ったものを選んでいます。

 

消耗品の鉛筆やペン、絵の具は普通に買うよりも新品が安くで手に入るので重宝します。

 

他にもインテリアDIYのものづくりの材料にもなったり、お店で探して良いものがあると、ものづくりの創造アイデアのきっかけになったりもしています。

 

スポンサーリンク
 

 

DIY材料にも。色もカタチも気に入った古いものさし(定規)

こちらの「ものさし(定規)」は以前紹介したこちらのリサイクル市場で購入したもの。

www.furumono.jp

 

リサイクルショップで購入した古道具のものさし(定規)たち

(カーブした洋裁用のものさしは60cm)

古道具の木製定規はアメ色に日焼けして雰囲気がある

ちょっと古ぼけていて、かなり昔からの定規のようです。

 

アメ色に日焼けしているのが古道具の素敵なところですよね。そのまま机に置いていても雰囲気あってインテリアにちょっとカッコイイです。

 

デザインは今でも見かけるオーソドックスなものだけど、木の色味が時代を物語っています...

 

少し読みづらいけど「二の三 野田(?)靖子」さん と、名前が書いてあります。

雰囲気のある古道具の定規の裏には元持ち主の名前が書いてある

もう一つの定規には彫刻刀で掘りかけの名前があるけど、木が硬くて断念したのか読めない字で何か書いてあったりと、誰かが使っていたモノの面白さが感じられます。

 

値段は50えん100えんでした。

50円の古道具の木製ものさし

今まで店頭であまり見たことなかった古い定規。もう一本、長いものが200円であったりして 2本だけ購入〜。この日は「古ぼけ好き」のわたしにはラッキーな日でした!

 

店頭でこの定規を見ていたら作りたくなったモノがあるのでDIY材料にしようと計画中〜。

 

スポンサーリンク
 

 

レトロな道具もあるリサイクルショップの文房具コーナー

レトロな雰囲気が可愛い赤い裁縫用メジャー
お気に入りのメジャーは小さくて軽くて持ち運びに便利。

 

数年前に50えんほどで買いました。

 

コンパクトな手芸用メジャーですがバッグやポケットに入るので、ホームセンターや蚤の市などに買物に行く時などに持っていくと、ササッと測りたいモノのサイズを知ることができて便利です。

古道具のレトロなコンパクトメジャー


こちらはリサイクルショップで見つけて、夫にプレゼントしたメジャー。

 

色やデザインがレトロで気に入りました。

 

メモリの部分がアルミで出来ていてちょっとカッコイイです。

50円、100円のレトロ可愛いコンパクトメジャーたち

古道具ではなくて中古品を主に扱うような大きなリサイクルショップでも レトロで新品な文房具が見つかったりするので、レトロ好きな方にも「文房具探し」はオススメです。

リサイクルショップに山盛りのハサミやカッターの文房具は50円均一

(リサイクルショップの文房具コーナー。世の中、こんなにもカッターやハサミってあったんだ...と思ってしまいました)

 

消耗品も小さな道具も古道具やリユース品を使っていると、ほんのちょっと、ていねいな暮らしができている気がして「ありがたや〜」と思わせてくれます。

 

 [ 図鑑番号ー142ばんー雑貨科 ショウモウヒントブンボウグ]
 

<もっとふるもの図鑑記事>

www.furumono.jp