ふるものせいかつ図鑑

味のある古道具やDIYの手作り品紹介、リサイクルショップ情報など、盛りだくさん!リユース品や使い道のないようなガラクタ、古く錆びてしまったモノを まだ使えるモノとして活用したい。 生活の場を素敵なインテリアにしたい。そして「日々のせいかつを たのしみたい」新品ばかりではなくて、「今あるもの」や「誰かがつかっていたモノ」でも おしゃれで素敵な暮らしができるはず。そんな思いから始めたのがこの古物インテリアブログ「ふるものせいかつ図鑑」です。

ふるものせいかつ図鑑

1ドルの古いプレート。海外のリサイクルショップは楽しい&全部おしゃれに見える!

f:id:furumono:20190611165920j:plain
最近、ちょこちょこ散歩をしては道に落ちている「いいモノ」を探している わたくし かねこです。

 

錆びた釘とか、金具とか。林の近くならカッコイイ形の木の実とか。

 

落ちているものを拾って集めているんですが、

 

今日は錆びたモノではなくて、可愛い花の収穫がありました〜。

 

www.furumono.jp

f:id:furumono:20190611165814j:plain

種が飛んできてコンクリートと土手に咲いていた花。コスモスが一輪だけもう咲いてた〜。

 

小さい花束にして家族にプレゼント。

 

家が営む食堂の雑貨コーナーをプラプラしていると、最近は自分で使っていなかった懐かしいモノを発見。

 

 

 

 

海外のリサイクルショップで見つけた1ドルの古びたプレート

f:id:furumono:20190611172034j:plain

昔、リサイクルショップで買ったシルバー色のプレートです。

 

サイズはカレー皿くらいで、30cmほど。

 

これは12年前にオーストラリアのブリスベン近くに滞在していたときに、リサイクルショップで買ったものです。

 

f:id:furumono:20190611192315j:plain

海外に行ってまで、どこまでもリサイクルショップ(リユース品)が好きなわたし!...ハハ。

 

当時、滞在していた町の近所(近所と言っても、車を100キロで飛ばして30分くらいの場所)に何軒かお気に入りの中古ショップがあって しょっちゅう通っていました〜。

 

たぶん、1ドルくらい。

 

もともと使い古してあるトレーだったので100円とかそれくらいの値段でした。

 

 

 

 

海外で見つけたらリサイクルショップにも立ち寄るべし!

オーストラリアのリサイクルショップは日本と似ていて、食器や洋服、オモチャや雑貨までズラーッと並んでいます。

 

f:id:furumono:20190611192003j:plain 

お客さんは「おばさま方」がほとんどでオモチャコーナーでは小さい子が商品で遊んでたりしました。リサイクルショップあるある ですねぇ。

 

海外だから「古くて、(日本から来たわたしには)真新しいもの」が店内にはいっぱい。。。!

 

全部、おしゃれな品物に見えるし 年代に関わらずボロくなっただけのモノまで何か日本と違う感じがします。笑!

 

f:id:furumono:20190611192712j:plain
食器でも色やサイズがあまり見かけないモノが色々あって、全部欲しくなっちゃう。

 

レトロな檸檬のイラストが描かれた、赤と黄色のランチョンマットやガラス製の小さなエスプレッソコーヒーカップセット、50年〜60年代の鮮やかな色の古着ワンピースとか。

 

近くなら、今も買い物に行きたくなるくらい楽しくて素敵な古物やリユース品がたくさん。

 

旅行中はリサイクルショップなんてつい見逃しがちですが、見つけたらお店の中に入ってみると楽しいですよ。

 

f:id:furumono:20190611193013j:plain

楽しい買物思い出と「ふるもの」

アトリエでずっとカード置きや小物おきにしていたこのトレーですが、レースのような縁が好きなのと やっぱりちょっと錆びている感じが「ふるもの好き」には魅力です。

 

最近、このトレー見かけないなぁ...と思っていたら こんな雑貨コーナーにいて、商品をのせて使われているのを発見したので ちゃんと役に立っているんだな。と安心しました。

 

懐かしのリサイクルショップ商品...

 

買った当時のことを思い出せる買物って また楽しいものです。

 

 [ 図鑑番号ー137ばんー雑貨科 カイガイノリユースショウヒン]