ふるものせいかつ図鑑

味のある古道具やDIYの手作り品紹介、リサイクルショップ情報など、盛りだくさん!リユース品や使い道のないようなガラクタ、古く錆びてしまったモノを まだ使えるモノとして活用したい。 生活の場を素敵なインテリアにしたい。そして「日々のせいかつを たのしみたい」新品ばかりではなくて、「今あるもの」や「誰かがつかっていたモノ」でも おしゃれで素敵な暮らしができるはず。そんな思いから始めたのがこの古物インテリアブログ「ふるものせいかつ図鑑」です。

ふるものせいかつ図鑑

アンティーク食器棚をもらってきました。木造アパート1室に100年前の家具あらわる

「アンティーク」

それは この世に生まれてから100年以上経ったモノたちのことをいいます。

 

ふるものせいかつ図鑑 かねこです。

 

ほとんどの家具や雑貨を「もらいもの」(たまにゴミ)で まかなっているわが家ですが、やはりアンティークって憧れます。

古道具などの古物と「出会ったり」「もらったり」するワケ、「ふるもの引き寄せ生活」のコツはこちらにまとめているので、ぜひのぞいてみてください。
【要Check!】

www.furumono.jp

アンティークの品物って なかなか手に入らないし、その佇まいも美しいですよね〜。

 

実は日々の生活のなかで使っているモノたちの中にもアンティークがたまにひそんでいるので今回ご紹介しようと思います。ただボロいだけじゃないです!

 

 

 

もらってきた特大アンティーク家具の食器棚は100年以上前のもの 

先ほど ひそんでいる と言いましたが。。

こちらは、ひそんでいません。

堂々としておりますっ。

 

コチラ。 

f:id:furumono:20180729013444j:plain

わが家でいちばん大きな家具、食器棚です 。

100年以上前の!

f:id:furumono:20180729014643j:plain

重量感、そして黒光りした木目がステキ。。

カッコよくてすごく気に入っています。

 

家を新しく貸家にするという方から頂きました。

 

 

 

食器棚や踏み台、食器など...いろいろ

貸家にするにあったってお家の中を空っぽにするということで 他にもいろいろ頂いたんですが、この食器棚がいちばん大物でした。(大きさとか、年代とかの意味で )

 

こちらの「踏み台も」一緒にもらってきました

その お宅にお邪魔したのは2ヶ月半ほど前。ずっとお家にこの食器棚があったそうですが、ここ最近はあまり使われていない様子でした。

 

「大事にしてくれる人に引き取ってもらった方が良い」ということで 声をかけてもらいタイミングの合った わたしが使わせてもらうことにしました。

 

100年も同じ家にいた(あった)なんて。。。すごい。「おばあちゃんのお嫁入り道具」だそうです。

 

アンティーク食器棚の中や使い勝手は...

はまっているガラスも100年前のままです。 f:id:furumono:20180729015618j:plain

この サザエさんがオヤツをしまっていそうな棚!カツオになった気分で取り出して食べたい〜。あはは。

f:id:furumono:20180729015747j:plain

引き戸を何回も開け閉めしてついた傷が歴史を感じさせます。f:id:furumono:20180729015851j:plain

引き出しも全部、スムーズに開閉できたからストレスなくてうれしい。f:id:furumono:20180729015935j:plain

ガラス戸の中はこんな感じで以前の持ち主が自作したような棚がつけてありました。f:id:furumono:20180729020054j:plain

こちらは棚の右側部分ですが 左側部分は棚が1段もないので 新しく作ったら、お皿などをもっとたくさん収納できそうです。

f:id:furumono:20180729020243j:plain

f:id:furumono:20180729020408j:plain

(食器棚の中の食器もほとんど「もらいもの」)

 

この食器棚、重そうにみえますよね。

 

でも、真ん中からセパレートできて(ちょうど 真ん中の引き出し部分までが上部)動かすときは上部をはずして下部と別々に運べます。最近の食器棚も大きいものはたいていそうですよね。

 

 

 

これは木製なので、下部に天板をつけたら 別々に置いて低い位置で使うこともできそうです。

 

全体の幅が案外スマートなのでせまい台所でも そんなに威圧感はありません。f:id:furumono:20180729020840j:plain

大きい家具あるある。わが家は家具の「高さ」にこだわっています

うちでは、自分より背の高い家具(または 自分の背とあまり変わらない高さの家具)は、基本的に置かないようにしています。

 

狭い空間では背の高い家具は余計に部屋を狭くみせてしまうし…

 

どうしても背が高めの家具を置くときは、その家具の上にモノを置きません。

f:id:furumono:20190315180738j:plain
「手を上に伸ばしてしか届かない場所」にモノを置いても結局 使わないか、使わないモノを置いてしまうのです。。「あるある」ですよね〜。

 

この食器棚は自分より少し低いのだけど、(縦:153cm×幅94.5cm)一番上には ほとんどモノを置かないようにしています。

 

家具がさらに背高になってしまうし、スッキリ・スリムにみせたくて。(空いてるからのせたくなっちゃうけど〜ガマン。)f:id:furumono:20180729021418j:plain

今は、夏にはあまり使わないヤカンだけ置いちゃってますが やがてヤカンも片付けます。そして猫がのびのび昼寝します。。笑

 

木を組み合わせて作られた味のある家具。

 

時が流れたからこそ、立派でカッコイイものってあるんですね。f:id:furumono:20180729021639j:plain
現在でも丁寧に作られた 素敵なデザインの家具はたくさんあるけれど、ひっそりと年月を重ねてきたモノたちは何かが成長してさらに魅力的になってる。
 
わが家にやって来てくれて、ありがとう。です。

 

また この食器棚がわが家で100年過ごしてくれますように。

 

[ 図鑑番号ー8ばんー家具科 レキシアルショッキダナ ]

<こちらも人気ふるも図鑑記事>

www.furumono.jp