ふるものせいかつ図鑑

味のある古道具やDIYの手作り品紹介、リサイクルショップ情報など、盛りだくさん!リユース品や使い道のないようなガラクタ、古く錆びてしまったモノを まだ使えるモノとして活用したい。 生活の場を素敵なインテリアにしたい。そして「日々のせいかつを たのしみたい」新品ばかりではなくて、「今あるもの」や「誰かがつかっていたモノ」でも おしゃれで素敵な暮らしができるはず。そんな思いから始めたのがこの古物インテリアブログ「ふるものせいかつ図鑑」です。

メイク道具棚。手直し、色塗り、長持ちしますように。ー古物・リメイク

ただいまかえりました〜。

 

かねこでございます。

 

旅に出ておりました。

 

公園で遊んだり 海を眺めたり、美味しいもの食べたりして 久ぶりの「旅行」楽しかったです!

旅行に革のトランクバックを持っていきました

先日の革のトランクバッグ、持っていきました〜。

使いやすかった!

思ったより開閉も楽だし、ベッドに置いて使うのにも邪魔にならずに良かったです。

使いやすかった革のトランクバック

中身が少し重くなってしまったので、次回はなるべく荷物を減らして もっと颯爽と歩きますっ。へへ。

 

家に帰ってきて、旅行荷物整理ついでにメイク道具棚も整頓しました。

レトロ棚のメイク道具入れ

コレが、かねこ御用達の「メイク道具棚」。(縦:51cm 横37cm 奥行き28cm)

 

最初はしばらく、絵具やスプレーペンキを並べる棚にしていました。

 

チョット ボロイ。

 

鉄で出来ていて、扉を開けると二段棚がついています。

3段式のレトロ棚

これは5年ほど前に道端に500えんで売ってあったもの。清掃関係の仕事をしてた方のお店で、他にも店の軒先にいくつか古物が出ていました。

 

この棚、もっと すんごくボロかったんです〜。

 

たくさん錆びてるところもあったんですが、穴が開いたり グラグラしているところはなかったので...色を塗って少リメイクしました。(まだけっこうボロいとこあるけどね)

リメイク・レトロ棚

だけど取っ手もとってもすてき。

ひひ。

網が張ってあるのも素敵です。

熱帯魚の模様がおもしろいレトロ棚

お魚。熱帯魚?

もしかしたら観賞魚のケアセット収納箱だったのかなぁ。

 

色塗りは網にペンキがつかないようにするのにガンバッタ。

 

ちょっとついたけど。

色を塗る前のレトロ棚の色

元の色は水色のようでスモーキーグリーンのような色で好きだったんですが、そのままだと錆びが目立つので 全体は「ホワイト」、棚部分は赤に塗り直し。(家にあった残りのペンキがその色だった)

レトロ棚の棚部分を赤色に塗りました

部分的にガザッとしているけど、色塗ったらそれもカッコ良く見えてきた〜。

 

また気に入った色が見つかれば塗り直してもよさそう。棚部分だけを落ち着いた色に塗れば、シックな雰囲気になりますね。

レトロ棚の網の部分が丁寧に手直しされています

以前の持ち主が手直ししている箇所も。

 

手直しや、リメイクしたりしてあると 長く使えるから嬉しいです。自分が使うチャンスが巡ってきた!ということですよね。 

 

整頓ついでに使ってない髪留めやスットク分の日焼け止めは移動させました。

メイク道具を収納したレトロメイク棚

棚は取り外しできるので、下段が使いやすいように変えます。

 

メイク道具 といっておりますが、化粧は月に数回しかしないワタシ。。

 

普段は日焼け止めや、リップクリーム、髪留めやアクセサリーを中心に毎日使うものを収納しています。

レトロメイク道具棚

メイクボックスを使用したり鏡の前にメイク道具を置かないで、なぜこの棚を使っているのかというと。。。

 

ペットの猫が荒らすからです。かなしいくらいに〜。

 

コロコロ転がるものやヘアゴムが大好きで、わたしがゴソゴソしている場所を遠くから見ていて人がいなくなった時に荒らしに来ます。引き出しはガンバッテ開けてしまう。。それでこの棚を使っています。

 

猫当人はチャレンジしているみたいですが、取っ手は握れないので安心です。

 

パッと置いて扉を閉めれば、楽。

 

最初はしかたなく猫対策でしたが、今は外から見えていて 引き出しよりしまいやすいので結果オーライです。いぇい。

レトロ棚リメイク・収納完成!

自分で色を変えたり手入れすると使い方も増えて便利&たのしい。

 

もうちょっときちんとカッコ良く色を塗れたり、サビ取りできるように少しずつ成長していきます〜。

 [ 図鑑番号ー35ばんー家具科 イロヌリメイクダナ