ふるものせいかつ図鑑

味のある古道具やDIYの手作り品紹介、リサイクルショップ情報など、盛りだくさん!リユース品や使い道のないようなガラクタ、古く錆びてしまったモノを まだ使えるモノとして活用したい。 生活の場を素敵なインテリアにしたい。そして「日々のせいかつを たのしみたい」新品ばかりではなくて、「今あるもの」や「誰かがつかっていたモノ」でも おしゃれで素敵な暮らしができるはず。そんな思いから始めたのがこの古物インテリアブログ「ふるものせいかつ図鑑」です。

ふるものせいかつ図鑑

【手づくりぬいぐるみ】腕にひっつく!ワイヤー&フリースで作った13年前の手作り「抱っこ人形」

12月も半ばを過ぎ、大掃除もかねて ふだんあんまり手入れしない棚や部屋の模様替えをしております かねこです。

 

いや〜、片付けって家全体をしようとすると時間がかかりますねぇ。模様替えも同時に始めたもんだから 重い家具を少し離れた部屋に移すのに3日くらいかかってイマス。。

室内の通り道にまとめて置いた移動予定の家具雑貨たち

(1日目)家具を動かす→部屋から出す→(2日目)廊下を通る→新しい部屋に入れる→(3日目)新しい部屋を片付ける で、いま 台所の手前で家具なんかが1泊2日しております。ふぃー。  

移動のためにモノを退かした棚
こんなふうに平日にちょこちょこやらないと あっという間にクリスマスとお正月ですもんね〜。でも模様替え楽しい。好きです。

 

冬になり外で木工DIYをしたり、家の中で手作り工作をしたりすることが多い ここ最近なんですが「手芸」して作った わたしの相棒をご紹介します。

フリースの生地で手作りした茶色が可愛い猫のぬいぐるみ
ねこ。

 

の、ぬいぐるみです。

 

フリース生地で13年前に作りました。

手作りぬいぐるみの顔は刺繍糸で縫ってある素朴な顔
意図してこうなったわけじゃないんだけど、素朴でなんともいえない顔をしてます。刺繍糸でがんばってチクチクした感が出ていますね。。

 

型紙なしだから 耳の大きさも左右違う〜。

フリース生地の猫ぬいぐるみの顔は素朴な可愛さ
実は手芸はあまり得意ではないんです... 普段、布を使って何かを作ったりはあまりしないのでなかなか上達せず〜。でもなぜか「ぬいぐるみ作り」は好きです。と、いってもそんなにたくさん作ったりはしないんだけど以前は作品として販売用に作っていたこともありました。

 

ものづくりが好きだったので自分の店を持つまではレンタルボックスに作ったモノを並べて色んな人に見てもらったり買ってもらったりしていました。(店は現在は休業しています)

 

そこで最初に作って世に出したのがこのタイプのぬいぐるみです。(ボックスに並べたのは色は白でデニムの上下を履いたおしゃれさん猫でした)

白に水玉のノースリーブも陽に焼けて年季が入ったぬいぐるみ
洋服部分はミシンを使ったけど縫い目も何回か縫い直して、失敗の跡がありマス。そして年月とともに陽に焼けてしまった。

フリース生地がムックリして可愛いお尻

しっぽはないけど むっくりしたオシリが可愛いなぁ。

これ、じつはだっこ人形なんですっ。

両腕をのばして腕にひっつく抱っこ人形の猫ちゃん

ほら。こんなふうにひっつきます。

 

生地を縫い合わせる時に腕部分に針金を入れました。

腕に抱きついた抱っこぬいぐるみに興味深々な猫
飼い猫の癇にさわったのか、一度パンチして落とされた。。なんか知らんけどゆるして〜。

クリスマスリースもだっこします。ひひ。

小さなクリスマスリースを抱っこしてもみの木のそばでポーズをとる手作りぬいぐるみ
こういう下手だけど味のある手作りぬいぐるみ、好きです。

 

しかも、13年間けっこうさわっているのに ほつれもなくて丈夫。

 

材料も家にあった端切れを使うから 小さいものならすぐできます。着なくなったトレーナーの裏側を表にして使うと とても肌触りの良いぬいぐるみができちゃいますよ。 

トランクバッグに荷物と一緒に詰め込まれた手作りぬいぐるみ

この猫ぬいぐるみは わたしが絵の展示やイベントに出かけるたびに、いつも引き連れて会場で番をさせている ある意味「相棒」です。一枚目の写真にあるクッションのような毛糸のタワシや首につけている毛糸のマフラーは そこで出会った人が猫にプレゼントしてくれたものです。ありがたや〜。

 

たまに商品と間違われて買われていきそうになったり、小さな子に耳を噛みちぎられそうになりながらも今も仕事を手伝ってくれてる可愛いヤツです。

 

また新しいぬいぐるみを作りたくなりました。この冬でなにか作ろうかな。

 

[ 図鑑番号ー72ばんーDIY科 ネンキノハイッタテヅクリヌイグルミ  

  <もっとふるもの図鑑記事>