ふるものせいかつ図鑑

味のある古道具やDIYの手作り品紹介、リサイクルショップ情報など、盛りだくさん!リユース品や使い道のないようなガラクタ、古く錆びてしまったモノを まだ使えるモノとして活用したい。 生活の場を素敵なインテリアにしたい。そして「日々のせいかつを たのしみたい」新品ばかりではなくて、「今あるもの」や「誰かがつかっていたモノ」でも おしゃれで素敵な暮らしができるはず。そんな思いから始めたのがこの古物インテリアブログ「ふるものせいかつ図鑑」です。

【レトロ雑貨】古物パッケージがおしゃれなレトロくすり袋

部屋の片付けと模様替えをゆっくりだけど順調にすすめております、古物や手作り大好き かねこです。

 

今回、だいぶ部屋の家具の配置も変えて「狭いながらも楽しいわが家🎵」にしようと 頑張っております。

 

だけどむずかしいです。。大きい家具はあまり置きたくないけど、収納場所はできるだけ確保したい。あるあるですねぇ。賃貸アパートに住んでいるのだけど、いつか大きなソファーを置いてころがって雑誌を読むのが わたしの夢です。ひひ。

 

f:id:furumono:20181223184258j:plain

模様替えがすんだら部屋の様子もわかる写真も少しずつこの図鑑にのせられたらなぁ。と思っています。室内が狭いので今まではうまく撮れなかったけど、撮りやすいカメラレンズを手に入れたのでチャレンジだぁ〜。

 

さて、古物のなかでも箱や缶カンと同じくらい好きなモノがあります。

 

それは「ふくろ」です。

f:id:furumono:20181223150809j:plain

小さいものから大きいものまで レトロでカッコ可愛い袋が好きで、見つけたりもらったりしたら楽しみに集めています。

写真の袋は「薬袋」

 

けっこうなレトロ加減です。

f:id:furumono:20181223155713j:plain
歯痛頭痛剤の薬が入っていた紙袋です。書いてある日本語も昔だ。。

 

これらは薬箱に入れてそのまま粉薬や絆創膏を入れて使っています。

f:id:furumono:20181223155748j:plain

f:id:furumono:20181223155311j:plain

あと何種類かと数枚あったのだけど 封筒として使ったり小さいプレゼントを入れたりして使ってしまったようで、最後の2枚になっていました。

こんな古い薬袋はレトロ雑貨やさんでもよく見かけます。わたしも昭和レトロの商品がたくさんあるお店で買いました。

 

1つ100えんだったり、5枚入りで150えんくらいだったり 大きさやレア度(?)で違うようです。

 

友達に簡単なメッセージや手紙を書いたときにユーモア含めて このに入れて渡したりしてました。笑って喜んでくれます。

 

夫の持ち物の中にもおもしろいのがありました。

f:id:furumono:20181223161238j:plain

f:id:furumono:20181223161402j:plain

こっちはそのまんま中身入りの薬です。サイズは6cm × 9cmくらい。

 

咳止め、風邪薬、頭痛薬... 一包み分(1回分)のいろんな薬があって見た目のデザインもおもしろい〜

f:id:furumono:20181223162156j:plain

咳止め薬はなぜか女性のモデルさんが多いです。

f:id:furumono:20181223161828j:plain

ちょーっ。風邪薬、イラストが激しいよ。効きそうですな。。

 

いちばん新しそうな薬が25年前のものでした。いまはパッケージデザインとか変わったんだろうなぁ。イラストが描いてあるものってあまり見かけませんもんね。

f:id:furumono:20181223162639j:plain

一袋ずつ、裏に値段が書いてありす。咳止めが2袋で80えんって安いのかそうでないのか...?

f:id:furumono:20181223164916j:plain

わたしは絵やおもしろいデザインを見るのが好きなので、瓶や額入れして楽しんだりしてます。あまり量は持ってないですが 作品作りにも役立てられたらな〜。なんて考えたり。

 

今回は薬袋でしたがまたお気に入りの「袋」があったら使ってしまう前に、ふるものせいかつ図鑑に載せていきたいと思います!

 

[ 図鑑番号ー73ばんーレトロ科 コセイアフレルクスリブクロ]