ふるものせいかつ図鑑

味のある古道具やDIYの手作り品紹介、リサイクルショップ情報など、盛りだくさん!リユース品や使い道のないようなガラクタ、古く錆びてしまったモノを まだ使えるモノとして活用したい。 生活の場を素敵なインテリアにしたい。そして「日々のせいかつを たのしみたい」新品ばかりではなくて、「今あるもの」や「誰かがつかっていたモノ」でも おしゃれで素敵な暮らしができるはず。そんな思いから始めたのがこの古物インテリアブログ「ふるものせいかつ図鑑」です。

【流木・流木板】海のゴミを拾いに行こう!シャビーでオシャレなゴミが浜辺にはたくさん(後編)

【後編】ボミ材料(流木・流木板)を探しにさらに海辺を歩く

← 海のゴミを拾いに行こう!前編はこちら

砂浜の吹き溜まりに面白そうなゴミを見つけに-ふるものせいかつ図鑑

あった!カラフルな色付き流木板

岩やゴミに足を取られないように探してみると...ありました!流木板の他に今回狙っていた「色つき板」です。

見つけたカラフルでシャビーな流板はDIYに使えそう-ふるものせいかつ図鑑

わー。色といい、はげ具合といい イイ感じだぁ。板というよりは棒に近いサイズ(1m弱)ですが、ものづくりのアクセントになりそうな素材です。

 

表面には貝など生き物の痕跡もついています。これをそのまま活かせたらいいなぁ。

海で拾った色つき流板、流木はインテリアのアクセントになりそう-ふるものせいかつ図鑑

海で拾った色つき流木、流板には生き物の痕跡もあって雰囲気がある-ふるものせいかつ図鑑

他にも少し色が付いている板を拾うことができました。

 

流木や流木板というと、そのカタチそのものを活かすデザイン作品(雑貨や家具)がやはり多いのかな、と感じます。今日は板の量もそこそこ集まったので わたしも表面の味は残しつつ、これを切ったり 少しカタチを変えて何か作ることをしたいと思っています。タノシミ。

 

 

 

ビンとシーグラスのゴミも

ついつい集めてしまうモノに ビンとシーグラスがありますよね。わたしたちもそんなに量はないのだけど見つけました。

 

ビンは何のへんてつもない栄養ドリンク。ですがビンのふたが錆びてはげかかっています。これもやっぱり自然の成せるわざですよね。もう流木好きな人から見ても完全に「ゴミ」かもしれませんが、わたしは大好きです。

 波にさらされシャビーな雰囲気のフタになったごみビン-ふるものせいかつ図鑑

シャビーなフタ付きビンは海のゴミだったもの-ふるものせいかつ図鑑

左は「たまりニンニク」の空ビン。中身も残っていてそうとう汚れているけど洗浄・消毒して使う予定。

たまに外国のビンもフタ付きで流れ着くことがあります。

 

他にもこまごましたモノたちが。シーグラスの瓶のフタバージョンもあり可愛らしかったです。

拾ってきたシーグラスは瓶のフタもあって可愛らしい-ふるものせいかつ図鑑

f:id:furumono:20190307185436j:plain

f:id:furumono:20190307185517j:plain

わたしの好きな錆びた缶も一つだけゲット。

 

大物ゴミ、流木・流木板だって拾っちゃいます

f:id:furumono:20190307190646j:plain

f:id:furumono:20190307191026j:plain

他にも小屋の残骸ごと流れ着いていたものもありました。 釘や金具がついたままの流板は、これまたカッコ良くて 創作意欲をかき立てられます。

 

結局、2時間くらい寒い浜辺をうろうろして ゴミ袋2つ分と、大きな板を数枚拾うことができました。

 

風が強くてサムサムだった〜。でも好きなことをしていて楽しいと、寒さも忘れてあっという間に時間も過ぎます!

f:id:furumono:20190307190118j:plain

ここに写真で載せられないのが残念だけど、他にもたくさん、イロイロ素敵な板など持って帰ってくることができました。嬉しい収穫〜。

 

 

 

拾ったゴミ流木・流木板は加工処理を

しかし、拾ってきた流木と流木板は木材なので、何かモノづくりに使って再利用するには下処理をしなければなりません。長い間 塩水に浸かっていたのでそのままだと痛んだり虫食いになったりしてしまいます。

 

水につけたり、乾かしたり。。。今週末は忙しくなりそう!でもウキウキ楽しみでもあります。 

f:id:furumono:20190307202355j:plain

自分にだってできる。雑貨や家具、古くて趣のあるモノをつくっていきたい

実は、今まで流木や流木板を使った作品は特に作ったことは ほとんどありません。トレーにしたり飾ったり、そのままの形でのみ楽しんでいました。

 

わたしは家具職人でもないし木工のプロでもないけれど、「なにか自分の手でつくりたい」そしてゴミや人が捨てたものを使って「おもしろいモノをつくりたい」最近はそんな思いが強くなってきました。

f:id:furumono:20190307201022j:plain

昨年からDIY生活を再スタートさせて、廃材なども使いながら雑貨や家具を作り始めたわたしですが いよいよ、ずっとしたかった「ゴミDIY」を始めます!

 

何かここで発表できるくらいのモノを作れるといいなぁ。

 

みなさんも海に行ったらぜひ、辺りを見回して素敵なゴミがないか探してみてください。大きなものはなくても 瓶や錆びた缶などおもしろいものが見つかるかもしれません。

↓ ゴミDIY第一弾、出来上がりました!

【ゴミDIY】流木・流板。材料はすべてゴミでつくったインテリア照明

[ 図鑑番号ー102ばんーゴミ科 ウミデテニイレタリュウイタタチ]