ふるものせいかつ図鑑

味のある古道具やDIYの手作り品紹介、リサイクルショップ情報など、盛りだくさん!リユース品や使い道のないようなガラクタ、古く錆びてしまったモノを まだ使えるモノとして活用したい。 生活の場を素敵なインテリアにしたい。そして「日々のせいかつを たのしみたい」新品ばかりではなくて、「今あるもの」や「誰かがつかっていたモノ」でも おしゃれで素敵な暮らしができるはず。そんな思いから始めたのがこの古物インテリアブログ「ふるものせいかつ図鑑」です。

ふるものせいかつ図鑑

【流木・流木板】海のゴミを拾いに行こう!シャビーでオシャレなゴミが浜辺にはたくさん(前編)

f:id:furumono:20190307195357j:plain

みなさんは 冬の海には行きますか。

 

人もいなくて、風がヒューヒュー吹いて、トンビが飛んでいて、波は黒くて...冬の海はとても大人で渋くてカッコイイです。

 

わたしは真夏以外の季節に ときどき浜辺や船着場に出かけます。

 

それは「ゴミ材料探し」のためです。

 

 

 

 

冬の海でお宝ゴミ探し?ビーチに落ちている素敵な流木や流木板、ビン、シーグラスも

海にはいろいろなゴミが流れ着いています。浜辺によっては外国のゴミも流れ着いたりしていて「ああ、世界はひとつしかないんだな」とゴミを出す自分(人間)についてフムフム考えます。

 

ビンや錆びたり朽ち果てた木製品、そしてプラスチックごみ...

 

考えながら「もしかしてコレ、ゴミじゃないかも」と思うようになり、今ではときどき良い板や気に入ったビンなどを拾って帰るのが習慣になりました。

 

f:id:furumono:20190307195601j:plain

(友人が散歩中に見つけて、くれた波打ち際に落ちていたパンダ)
 

持って帰ってどうするかというと〜...

 

クラフト好きの人にあげたり、インテリア雑貨として使ったり、DIY工作の材料にしたりします。

 

流木を使ってモノづくりをしている人は多いですよね。あの雰囲気ある木の色味や形に魅せられてしまう気持ち、わかります。

 

海辺で拾ったゴミ缶と流木板でDIYして作った照明ランプ

(拾ったゴミ缶と流木板で作った照明ライト)

 

そして今週、久しぶりに冬の海岸へ「ゴミ探し」に行ってきました!

 

 

 

 

ある、ある!流木・流木板・ビンなどなど...

車で海に向かって走っていると、ポツポツ雨が。だけどメゲずに海水浴場に到着。

 

普段ちょくちょくゴミ拾いに出かける海は、船着場などテトラポットがあるような場所なんですが 今日は足を伸ばして、夏には賑わうビーチです。

 

到着すると雨は止んでいて...人いなーい。トンビ?がたくさんいて喧嘩しながら飛んでいました。

 

流木拾いに出かけた冬のビーチは閑散としていてカッコイイ-ふるものせいかつ図鑑

はじめは水際を遠目に歩きながら、「良いカタチ!」と小さな板や木の破片を拾っていましたが、波打ち際に近づくと波跡にそって大きめ流木や板がたくさんっ落ちていました。

 

ずらずら列をつくって並んでいるみたい。ふふ。

 

波跡のラインに並ぶようにして流木や板やビンが落ちている-ふるものせいかつ図鑑

小さいものが多そうに見えますが、よく見ると流木より幅のある板もポツポツあります。 

<Point>
着いたときにたまたま引き潮だったのでラッキーでした。当たり前ですが潮が満ちているときはゴミも浮いていることが多いし、水に浸かりながら探すのは危ないので出かけるときに今は引き潮かどうかチェックしておくと良いですね。
● 海には危険な場所もあるのでそういう場所に近づかないようにしましょう。

 長い海岸線を下を見ながら歩いて、ごみチェック...

 

夫と二人で出かけたんですが、ふたりとも しばし無言。夢中で好きな「材料」を探します。

 

f:id:furumono:20190307155143j:plain

左から45cmくらいの板、杭が朽ちはてたような木材、松ぼっくり。。

 

カタチが面白いものや、味があって気に入ったものだけ拾う。ですが、今日は本当にたくさん素敵なモノが流れ着いていて選ぶのにも苦労します。

 

ウホウホ言いながら拾って 後ろを振り返ると、 夫が拾ったもの並べてる。

 

拾った大きな流木たちを海岸に並べる-ふるものせいかつ図鑑

でかっ。

大きいものは1m以上あります。

 

 

 

 

流木よりも扱いやすい「流木板」を探す

流木はたいていの海岸に流れ着いていますが、わたしが「欲しい!」と思っているのは流板です。(流木板=木というよりは人が手を加えて板になった状態で海に流れていたもの)

 

海のゴミだった流板を活用したい-ふるものせいかつ図鑑

インテリアやDIYで何か作るときに加工しやすいし流木よりコンパクトなので扱いやすいです。それに尖ったい角が丸〜くなっていて とってもオシャレ。

 

手で触れているだけでもそのフォルムに癒されます。人間がつくりだすことは難しい、自然の波が時間かけてつくったんですねぇ。

 

波で角が取れた流木や流板たちはカッコイイ-ふるものせいかつ図鑑

f:id:furumono:20190307201209j:plain

この流木板もある時とない時があるし、海岸によってはまったく流れ着かない場所もあります。今日は小さなもの30cmくらい〜2m以上の細長く大きなものまで見つけることができました。

 

どんどん歩き進んで、持って行ったゴミ袋はもうだいぶ重くなってきました。

 

砂浜の行き止まりに波の吹き溜まりになっている場所が。何やらいろいろありそう〜...

→ 海のゴミを拾いに行こう!後編へ

 

f:id:furumono:20190307171146j:plain

●ゴミDIY第一弾、出来上がりました!