【リビングインテリア】鹿の角をリビングに飾る | ふるものせいかつ図鑑

鹿の角オブジェをリビングに飾る【冬のリビングにピッタリ!】

スポンサーリンク
鹿の頭蓋骨を飾る!インテリアで遊ぶお家

ふるものせいかつ図鑑

自己紹介
99%はもらいもの・古道具・中古品で暮らしています。かねこと申します。DIYなど「ものづくり」も大好き!日用品から家具や「もらってきたもの」までいろんなふるものせいかつをブログで綴っております。
ふるものせいかつ図鑑ブログは毎週1〜3回更新中です。詳しいプロフィールはこちらから。
インスタグラム:furumono_kaneko

季節はいつの間にか秋。山の麓のわが家には拾って来たどんぐりなど色んな木の実がたくさん集まります。気に入った木の実や枝が家に増えていくと、食べ物にはならないけど冬支度をしているような気分です。

夏の終わりに人から頼まれて、室内の片付けに行ってきました。要らないモノを捨てたり、使わないモノを分けたりしていた時に、ある素敵なモノを見つけました。

スポンサーリンク

リアルでカッコ良い!鹿の骨をインテリアオブジェとして飾る

鹿の頭蓋骨です。

鹿の頭蓋骨を飾る!インテリアで遊ぶ

角がカッコ良い…!片付けついでにもらって来たので0円です。

要らないものだという事で「わーい!」と夫婦で喜びいただいてきました。動物の角などを部屋の壁に飾るのは前から憧れていました。よく鹿のヌイグルミの壁掛けオブジェなども売ってありますが、この骨っぽい(骨ですが)雰囲気の方がキュッとしまっていて好きです。

なんか、迫力ある。

鹿の頭蓋骨を飾る!インテリアで遊ぶ

角が長くて立派なので嬉しくなります。綺麗なカタチだし。そして本物だということが新鮮でした。標本で使われていたこの鹿の頭蓋骨は高い位置に飾らせていたためか、割れたり欠けたりの痛みが少ないです。

当たり前ですが、歯がたくさん並んでる。

鹿の頭蓋骨を飾る!インテリアで遊ぶ鹿の頭蓋骨を飾る!インテリアで遊ぶ

そして角がゴツゴツしていて面白いです。ナイフを作る人なんかは角をナイフの柄として使うんですよね。わたしもいつか作ってみたいです。おでこあたりの骨。地図の線模様みたい。

鹿の頭蓋骨を飾る!インテリアで遊ぶ

そして、家の引き出しの中で見つけた小物で遊ぶ。
め〜が〜ね〜。

鹿の頭蓋骨を飾る!インテリアで遊ぶ鹿の頭蓋骨を飾る!インテリアで遊ぶ

田舎に住んでいるので、鹿はよく見かけます。他にもイノシシ、タヌキ、アナグマ、猿、キジ…など猿以外は家の庭にも来ているようです。訪れたバーベキューで鹿の肉を焼いて食べたこともあります。多少クセはありますが、美味しいです。

この頭蓋骨を家に持ち帰ったのは良いが、幼い娘が怖がるかとちょっと不安だったのですが…娘も興味深々に眺めて、その後は骨になった鹿に話しかけていました。ホッ。

シャビーシック絵本の世界のようなインテリアにも憧れているので、さっそく鹿の頭蓋骨をリビングに飾ってみることにしました。

スポンサーリンク

少し大人っぽくカッコ良くなったリビングルーム

鹿の頭蓋骨を飾る!インテリアで遊ぶ鹿の頭蓋骨を飾る!インテリアで遊ぶ

本当はもっと上のライトの高さあたりに飾りたかったんですが、長い脚立がなかったので…とりあえず手が届く場所に掛けました。

ほとんど違和感なし。

一気に空間が大人ぽく、ほんのちょっとだけどカッコ良くなったので嬉しいです!冬ごもりの雰囲気も出た感じがします。拾ってきた枝を壁に飾るのが好きなのでもっと枝も増やして森っぽくなれば理想の壁に近づけそうです。

鹿の骨オブジェ
created by Rinker

なんだかんだで動物の死骸なので部屋に骨を置くのはあまりよろしくないとは言いますが、好きなモノを置くことは良くないパワーに打ち勝てることになると思い、今回は気にしないことにしました。最近はフェイクのツノ飾りもいろいろあるみたいなので本物は難しい、ヘラジカなど別のオブジェもいつか手に入れたら飾りたいな。

冬支度を始めるうえで、少しずつ壁のデコレーションを変えたりや必要な家具を作ったりを楽しめれば良いなと思っています。

ハロウィンやクリスマスもやってきますしね!

[ 図鑑番号ー250ばんー雑貨類 シカノズガイコツオブジェ]