ふるものせいかつ図鑑

味のある古道具やDIYの手作り品紹介、リサイクルショップ情報など、盛りだくさん!リユース品や使い道のないようなガラクタ、古く錆びてしまったモノを まだ使えるモノとして活用したい。 生活の場を素敵なインテリアにしたい。そして「日々のせいかつを たのしみたい」新品ばかりではなくて、「今あるもの」や「誰かがつかっていたモノ」でも おしゃれで素敵な暮らしができるはず。そんな思いから始めたのがこの古物インテリアブログ「ふるものせいかつ図鑑」です。

海外旅行のレシート【紙類】思い出をオシャレに収納!フレーム(額入れ)

連日の雨で、外出があまりできないのと納戸部屋を整理したりして過ごしています。

 

休みの日の雨も悪くないです。

 

快晴のお天気なら、外出して満喫していないと 何とも言えない罪悪感のようなもの(?)を感じたり「こんなに晴れているのに出かけないなんて!」と自分に責めずにすみます。あはは...

 

スポンサーリンク
 

 

海外旅行のレシートをフレームに入れて「思い出」の整理整頓をする

f:id:furumono:20190430151938j:plain

10代の時にもらったクッキー缶を大事にしていて、久しぶりに開けると こんなモノが入っていました。

 

今までの海外旅行で集まったお土産や食事のレシート・電車やバスのチケット

f:id:furumono:20190430152306j:plain

f:id:furumono:20190430152625j:plain

海外のお店のレシート、電車やバスの整理券、美術館のチケットなどです。

f:id:furumono:20190430152702j:plain

整理券コレクターだった子ども時代から続く英数字好き

小学生の頃から自分が乗るバスの整理券(以前はカードもなく必ず整理券を取って乗っていました)を集めていました。

 

数字が付いていて色や模様がバスごとに それぞれ違っていて、そういう小さな紙切れがなんだかカッコ良く思えて 今でも料金箱に出し忘れてしまった整理券をこんな缶に入れて取っています。

f:id:furumono:20190430175645j:plain 

海外のレシートなどは外国語で書いてあって、色やサイズもいろいろあって「海の向こうの国」に憧れていた10代から今でも集めたりしてます。

 

スポンサーリンク
 

 

 

そんなに海外に行く機会はないのだけど、ロンドンとかケントとか都市の名前が印刷されていたりして、これらを眺めていると楽しかった「思い出」がよみがえります。

 

イギリスで語学学校に通っていたとき、毎日乗っていたバスの整理券

f:id:furumono:20190430152847j:plain

記念にと、日付と「行き、帰り」のメモを書いていたらしい。。(でも,

めんどうだったらしく途中から書くのやめてる〜)

 

ヨーロッパの電車券や泊まったホテルのカードなど...紙ならなんでも?!

オランダかな?どの国か忘れたけど電車の一日乗車券なんかもあります。

f:id:furumono:20190430153132j:plain

f:id:furumono:20190430154539j:plain

(ロンドンタワーの入場券や泊まったホテルの部屋ナンバーカードも)

 

ほとんどが20年くらい前のものなので印刷の文字もだいぶ色あせてる。

 

飛行機の機内食でもらったソルト&ペッパーも。笑

f:id:furumono:20190430153312j:plain

ケンタッキーのクーポンまでありました。チキンの「5ピース無料券」がついてる!なんで引き換えて食べなかったんだろう...オナカスイタ。

f:id:furumono:20190430153644j:plain

今回はこれを片付け整理も兼ねて「フレーム飾り」しようと思います。

 

スポンサーリンク
 

 

余っているフレーム(額)にレシートたちを収納・お片づけ!

フレーム(額)は白いマット付きフレーム(42cm × 32cm)です。

 

最近、ホームセンターのセールで買って 税抜き195えん。安い〜。

f:id:furumono:20190430155005j:plain
この大きさでマット付きなのはお買い得ですね!

 

さてさて、そのフレームに色を塗ります。

 

簡単!ベーシックな色だけでスモーキーな色を作る!オシャレなアンティーク加工

もうすぐ暑い季節なので、ほんの少し爽やかな仕上がりの色にするため まずブルー系の色をフレームの木枠に塗りました。

f:id:furumono:20190430160457j:plain

スモーキーグリーンなど、とても人気のある色にしていきたいと思うのですが わざわざペンキコーナーに買いに行く必要はありません!

 

アンティーク風でシャビーな古道具のような加工をすると...

f:id:furumono:20190430173210j:plain
あっという間に雰囲気あるアンティーク風フレームに変身。

 

このフレームのように塗る【簡単!水色系のおしゃれ色の作り方・加工のやり方】についてはこちらの記事にまとめています。

www.furumono.jp

 

これだと いろんな特殊な色(スモーキー色とか)をいちいち買うのが難しいとき、持っている水色とオイルステインを使って簡単におしゃれな「シャビーシックな色塗り加工」が出来るので気に入っています。

f:id:furumono:20190430174835j:plain

木枠の色塗りが終われば、次はレシート類を好きなようにならべて〜。

 

「思い出の品フレーム」の出来あがり。

 

左の加工した額はもっと塗料を剥がして、剥げた古っぽい雰囲気にしても楽しいかもですね。(今回はヤスリがけは一切していません)

f:id:furumono:20190430174119j:plain

フレーミングで雨の日のお片づけ・雑多なもの収納完了!

他にもレシートや思い出の紙、パンフレットなど...まだ たくさんあるので、いろんなサイズやデザインの額に入れて壁にワシャワシャ飾るのも楽しいかもしれません。

 

缶に詰めておくより、ふとした時に眺められて 楽しかったコトたちを思い出せるかな。

 

小さな空き缶を整理したかったのと、フレーム額があまっていたので 雨の日の暇つぶしお片づけになりました。

 

 [ 図鑑番号ー122ばんーDIY科 ナツカシノレシートタチ]