江津湖の不思議スポット【熊本市内おすすめ散歩】芭蕉園 | ふるものせいかつ図鑑

江津湖で散歩するならココ!「まるでジャングル!」驚きスポット

熊本市江津湖の芭蕉園はまるで東南アジアのような別世界イベント・おでかけ

ふるものせいかつ図鑑

自己紹介
99%はもらいもの・古道具・中古品で暮らしています。かねこと申します。DIYなど「ものづくり」も大好き!日用品から家具や「もらってきたもの」までいろんなふるものせいかつをブログで綴っております。
ふるものせいかつ図鑑ブログは毎週1〜3回更新中です。詳しいプロフィールはこちらから。
インスタグラム:furumono_kaneko

新しい場所やお気に入りの場所など、出かけた時にはワクワクするしとても楽しい時間が過せます。

散歩好きなわたしは、住宅地や商店街などの脇道に入って「探検」するのも大好きです。

本日は九州は熊本県、熊本市内のちょっと不思議な、でもワクワクするような場所をご紹介します。

カップルでも、親子連れでも、一人でも、歩くだけで「特別な雰囲気に癒される」ことも違いなし!そんなスポットです。

今回は熊本市 江津湖周辺のスポットになりますが、よりワクワク感の増すオススメな散歩スタート地点も最後の方に紹介しています!
スポンサーリンク

ここは…ジャングル?熊本市内住宅地に突然現れるパラダイスな場所

ジャングルのような景色が広がる熊本の公園

すごいー!

例えて言うなら、「ジャングル」です。

バナナの木や色々な植物がたくさん生えています。

ジャングルのような景色が広がる熊本の公園には川が流れている

川も流れていてとても素敵な場所…

ここはどこかと言いますと、熊本県熊本市の水前寺江津湖公園(すいぜんじ えづここうえん)の一角、芭蕉園です。

江津湖公園 芭蕉園とは

「日本一の地下水都市」である熊本のシンボル的存在の水前寺公園江津湖
 
正式な名称には「水前寺」と付いていますが、有名なあの水前寺公園とは少し離れた場所にある周囲6キロの湖のある公園です。
 
敷地内には遊歩道やサイクリングロードが整備されており、広々とした芝生の広場ではたくさんの人々がピクニックや水遊びを楽しむ憩いの場所になっています。

その江津湖公園内の一角にあるのが芭蕉園

その名前のとおり植物のバショウがたくさん生え、うっそうとした場所です。

引用:グーグルマップ

芭蕉園の「バショウ」って?

バショウとはバナナの木によく似ていますが、ジャパニーズ・バナナと呼ばれており2〜3mの高さの植物です。

寒さに強く、日本でも暖かい地方ではこんな風に生息するのだそう。そういえばたまに、屋外でもたくさん生えているのを見かけます。

そんなバショウが本当にニョキニョキ水辺に生えており、まるで海外の熱帯地方に迷い込んだような感覚になります。

熊本市江津湖の芭蕉園はまるで東南アジアのような別世界

(まっすぐ伸びる道を囲むように両側には小川が流れる)

上の写真の道を歩くだけでも、実際はとても日本と思えないまるで沖縄や東南アジアの田舎道のような雰囲気が味わえます。

湧水の小川が流れており、脇道もたくさん。水辺にも下りられます。

熊本市江津湖の芭蕉園はまるで東南アジアのような別世界-2熊本市江津湖の不思議なスポットは小川を渡る歩道もある

見ているだけでトントンと渡りたくなるような通路!こんな風に脇道に入ると、向こう側に渡れる場所もあります。

川は比較的浅いので足を浸けて涼んだり、夏には子どもたちの格好の遊び場所になりそうです。

うっそうとした熊本市江津湖のジャングルのような場所はお散歩にもってこい!

「バナナジャングル」を満喫しつつ、だんだんと湖の方角へ進むと湧水が美しい開けた場所に出ます。

熊本市江津湖の美しい湧水が流れる場所

夏目漱石などの句碑も探してみよう!

歩いていると句碑がいくつか点在します。

夏目漱石などが詠んだ句を見つけながら探検しても面白いかもしれませんね。

引用: 熊本市水前寺江津湖公園

写真には撮りきれませんでしたが、狭いうっそうとした小道や不思議なスポットがそこかしこにあってとってもワクワクする場所です。

散歩がてらに寄ってみても1時間くらいは あっと言う間に過ぎてしまいます。

熊本の市街地近くにこんな不思議なスポットがあったとは今まで知りませんでした!

うっそうとした熊本市江津湖のジャングルのような場所に生えるバショウ

写真を撮ったり、釣りをしたり、川遊びをしたり…

季節ごとに訪ねてみても楽しそうです。

「ただの散歩だよ」と言っておいて友達や恋人、子どもたちを連れて行くと「わー!」と予想外の不思議スポットにビックリ&喜んでもらえること間違いなし!

実際にわたしも芭蕉園を知らなくて、 脇道に入ったとたんこの景色が広がっていたのでとてもサプライズな気分になりました。

スポンサーリンク

江津湖のジャングルスポット芭蕉園へのアクセス

場所:熊本県 熊本市 水前寺江津湖公園(芭蕉園)
おすすめアクセス方法:市電を利用

熊本市街地から市電で建軍電停方面へ(A系統)市立体育館前にて下車

車なら少し離れた場所に駐車場(無料)があります。暖かい季節の土日などは混雑が予想されますのでご注意ください。(水前寺江津湖公園の駐車場マップはコチラ。一番近いのは「神水駐車場」です)

持って行った方がいいモノ
カメラなど
虫除けスプレー(秋・冬には不要)
飲み物(公園内にはあまり自動販売機などがありません)
お子様連れの方は市立総合体育館の前(図書館のすぐ前)あたりに野外にトイレがあるので済ませておいた方が良いです。(公園内にもあります)

ワクワク感の増すオススメスタート地点は?

市電を利用したあと、まずは熊本県立図書館を目指して歩きます。(下のMAPのミドリの線が進行方向です)
図書館と市立総合体育館の間の細い道を南に向かって歩きます。(図書館入り口を正面に見て左に進む)

電停から芭蕉園入り口までのMAP

熊本市内の不思議スポット芭蕉園への行き方マップ

数十メートル歩くともう、右の横道に入ると…もう芭蕉園です。下の写真のようなまっすぐ続くバナナのジャングル道が始まります!

熊本市江津湖の芭蕉園はまるで東南アジアのような別世界

本当に、いきなり景色の雰囲気が変わるのでとても楽しいです。

楽しい不思議スポット

写真撮影や思い出作りにもってこいの場所だし、誰かを誘ったり、また一人で休日にブラブラと出かけるのもいいですよね。

今度は一眼レフカメラを持って遊びに行けたらと思っています。

まだまだ、あまり知られていない不思議スポット…日々、散策を楽しんでいきたいです。

[ 図鑑番号ー174ばんーイベント・おでかけ科クマモトノフシギスポット]