【300円DIY】完全オリジナル・ビンテージ風「箱」をつくりました。 | ふるものせいかつ図鑑

【300円DIY】完全オリジナル・ビンテージ風「箱」をつくりました。

DIY・手作り類

秋も深まる今日この頃。

みなさん、夏の疲れと 肌寒い朝晩で体調を崩してないでしょうか。

「ふるものせいかつ図鑑」の かねこです。

わたしは元気で、最近は食欲もさることながら 絵を描たり、舞台を観たり 芸術の秋を満喫しております。

芸術といえませんが、ずっと作りたかった「箱」が完成しました。

スポンサーリンク

材料300円で一から作る「フタ付き箱」

先月に「DIYで自分オリジナルの箱」を作りたいと思い立って、作ったものです。

DIYで作った素木の四角い箱
(高さ:8.4cm × 横:21.5cm × 縦:17.5cm)

簡単な材料を切って組み立て、カタチ完成まで半日で出来ました。材料・費用は比較的 簡単に切れる100円ショップの板を使って300えんです

フタを開けると…こんな感じ。本当に普通の箱です。

DIYで作ったフタを開けた素木の箱

「THE 箱」。って感じです。

突然思い立って、設計図から作った(少し教えてもらったりもしましたが)にしては上出来。と、自画自賛してみる。笑

なるべく少ない材料で、のこぎりで切る作業をできるだけ回数を減らしたので多少のサイズのズレがありますが、ご愛嬌〜。 

少しズレがあるけどDIYして作った箱のフタ

かねこは、中学生のときに技術の授業ではじめて自分で板を切るところから作品を作りました。その時のことはよく覚えています。

中学生で知った「ものづくり」の楽しさ

周りのみんなが 本棚やCDケースを作っている最中、わたしも教科書から選んで 地味な「おぼん」を作ろうと決心。

なぜ おぼんを作ろうと思ったのか。たぶん、他の「カッコイイ家具」は自力で作るのはとうてい無理だと悟ったのでしょう…

そして人に頼ることなく毎時間、コツコツとカンナをかけ 釘を打ち、不恰好な「おぼん」が出来上がりました。だけど ほとんど一人で作り上げたことに感動し、とても思い出深い一品となりました。

おぼんは今も、筆記具なんかを入れて実家で使っています。

いや〜、下手でもなんでもいい。

作り上げることって 何かしらの感動をくれますねぇ。

正直 今回のこの箱もとても美しく上手に出来たわけではないし、ガタガタだったり 釘の打ち間違いもして「とっても手軽!」なんていう風には言えない作業内容でした。

だけど1日がんばって「自分でできた喜び」は ひとしお。材料費は300円だけど、同じ300円で買った箱とは自分の中での価値が違います。

そして、今日は この箱に「色付け」してみました。

スポンサーリンク

カラーニス(着色ニス)を使ってビンテージ風に

そのままの素木では、さみしいので 白色カラーニスを使って色塗りしました。(※ 白色を塗って その後からカラーニスを塗ったんですが、素木にそのままカラーニスを塗っても良かったと思いました。)

色塗りが完成した茶色の飴色のDIY箱
ペンキとカラーニスを塗って仕上げた趣のある箱
「自分専用お道具箱」の完成です。

カラーニスはチーク色を使って1度塗りしかしてないんだけど、もっと焦げ茶色にするなら2度塗りすれば濃くなります。わたしはこれくらいの色味が好きです。

 
中は緑色のアクリル絵具を先に塗って色付。
カラーニスを多めに塗って、わざと垂らして少しビンテージ風にしました。うまくいったので気に入っています。

カラーニスを塗って少し液が垂れるような模様をつけたDIY箱

中に雑貨を入れてDIYしたおしゃれな箱

何に使おうかな。もらった手紙やカードなんかをしまっておくのに使おうかな。へへ。

今回のDIYは予算300えんで、接着剤が乾く時間を入れても半日でできます。(ペンキやニス乾燥時間は除きます)

そんなにDIY経験がなくても難しくありません。それに全ての工程をアパートの家の中で作業できました。楽しかったし、ちゃんと完成して満足。

特に木工で何かを作る場合、作り出す前の設計図に時間がかかりますよね。こんな簡単なカタチの箱でも設計をするのには手間取りました。

だけど一度 設計図を作ってしまえば、また2箱目をスムーズに作れるので便利です。

まだまだ木工は初心者ですが「つくる楽しさ」を続けていきたいです。

このDIY箱の作り方はコチラ

[ 図鑑番号ー52ばんーDIY科 テヅクリバコ]