ふるものせいかつ図鑑

味のある古道具やDIYの手作り品紹介、リサイクルショップ情報など、盛りだくさん!リユース品や使い道のないようなガラクタ、古く錆びてしまったモノを まだ使えるモノとして活用したい。 生活の場を素敵なインテリアにしたい。そして「日々のせいかつを たのしみたい」新品ばかりではなくて、「今あるもの」や「誰かがつかっていたモノ」でも おしゃれで素敵な暮らしができるはず。そんな思いから始めたのがこの古物インテリアブログ「ふるものせいかつ図鑑」です。

実はプレゼントに最適!低予算で1点モノが選べる古物・リユース品

古道具やリユース品、DIYが大好きで そんなモノやコトに囲まれた生活を送っております、かねこです。

 

このサイト「ふるものせいかつ図鑑」では、「遊び」や「癒し」、「発見」や「楽しみ」をみなさんとシェアできればと思い古物・リユース品・新品雑貨家具などの情報を中心にお届けしております。

 

プレゼントに「ふるもの」を選ぶ理由

古い缶の商品ロゴが裏に浮き出ているフタ
誕生日プレゼントやちょっとした記念の贈り物って、大人になってもけっこう贈る機会は多いですよね。

 

相手が何を好むかを知る、親しい関係ならお菓子や食事以外でも何か喜ぶものを贈りたいと考えると思います。そこで かねこが提案するのは「ふるもの」の贈り物。

 

「ふるもの」を贈るメリット

「1点もの」を贈ることができる

贈る相手が流行に敏感だったり、古物や雑貨好きなら、誕生日などに「ふるもの」のプレゼントはとてもオススメです。予算が少なくても「ほぼ1点モノ」を選べるから贈る方も贈られる方もうれしいです。

 

高級なアンティークでなくていい

最近は雑貨やアンティークブームで、年齢性別問わず、古いモノを好む人がずいぶん増えましたよね。好きではない、という方もいますが 100円ショップなどでもアンティーク調加工を施した商品がたくさん出るくらい、多くの人に好まれています。

リサイクルショップでお土産用に買った錆びた古い缶2つと猫の足

プレゼントに古物を選ぶとき、贈り物なのだから ある程度高価な本物のアンティークでなければ。そう思う方もいらっしゃると思います。しかし、それはほとんど 気にしなくていいです。「アンティークのみ好き」という方は別かもしれませんが、ほとんどの人は それが100年前のモノだろうが50年前のモノだろうが、あまり気にしません。

 

※ アンティークとは=製造されてから100年以上年月の経ったモノのこと。

 

わたしもそうですが、たいていの古物・雑貨好きは 年代より値段より見た目の「カッコ良さ」を重視します。そしてそれがどこのお店でもは手に入らないモノであることが嬉しいんです。

 

こちらの記事でもリサイクルショップで手に入れた古くてカッコ良いものを紹介しています。 わたしは錆びているものがとても好きなんですが、以前 海で拾ったゴミの「うめ昆布茶」の缶がお気に入りでした。古物でもない普通にスーパーに売ってあるものの空缶でも嬉しい人もいます。(わたしはちょっと特殊な 錆び好きかもしれないので、ゴミよりは お店で探すことをオススメします)

 

低価格でも気にならない

どこでもは手に入らない、味があって使う用途をいろいろ考える楽しみがある「ふるものプレゼント」。それらは記憶に残る贈り物となります。自分しか持っていないモノだから愛着もわきやすい。相手の好みをあるていど知っておく必要はあるけど、「価格に左右されずに贈り物を選べる」から逆に楽かもしれません。新品で量産されているものは、たとえ相手の好みのものが見つかっても、安すぎると、ちょっとプレゼントしにくいですよね。

 

それに安くて素敵な古物は、そのレア感も手伝って 逆に安価で手に入れたことを相手に伝えたくなるほど。さすがに100えんのモノ1つではさみしいですが、いくつかあると 見栄えもいいし包みを開けて並べるときのワクワクする気持ちも楽しんでもらえます。

古いマッチ箱とマッチでレトロな雰囲気

「ふるもの」を贈るデメリット

すぐに良いものが見つかるとは限らない

古物には難点もあります。毎回、必ずお店に古くてカッコ良い商品があるとは限りません。なんども訪れて、ようやく出会えるモノもあるかと思います。そして1点モノですので その時買わなければ、取り置きができないお店では次の日には売れてしまうかもしれません。プレゼント商品がたくさんあるお店と違って、リサイクルショプなどでは「明日の友人の誕生日に何かないか」とその日に探しても、良いものをすぐ見つけるのは簡単ではないかも。プレゼントを渡す前に日にちに余裕をもって「お店めぐり」をすることが一番です。

 

ふるものプレゼントに向かないモノもある

同じ古物といっても、古着や別のお店で新品が売ってあるような中古品は やめておいたほうが無難です。相手がそれを探していて どうしても欲しい場合は良いかもしれませんが、洋服は新品のものでも好みが難しいですし、古物は好きだけど 古着は苦手という人もいます。

 

スポンサーリンク

 

 

ここでいう「オススメふるもの」は 今は生産されていないデザインのモノであったり、レトロな雰囲気をもった品物のことです。

 

どんなショップで「ふるものプレゼント」を探す?

セレクトショップもいいけど、リサイクルショップがおすすめ!

先にもお話しした通り、ここ数年 古いモノやレトロ雑貨が大人気です。新品やブランドモノを揃えたオシャレなセレクトショップでも、雰囲気ある古物を扱っていることもあります。

 

そんなお店をのぞいてみるのも良いですが、おすすめはやはりリサイクル・リユースショップ。その種類の数もそうですが、価格が安いという利点が大きいです。(そのかわり、古いまま置いてあることもあるので埃がついてたら自分で洗うなど多少ケアは必要です)

錆びたランプと釘レトロな古物のイメージ
リサイクル・リユースショップの中でもチェーン店より市場で仕入れをしているようなお店が古物・レトロ商品は見つかりやすいです。本当に古いモノが並ぶ市場から商品が流れてきますので、中古品とは違うモノの中から選ぶことができます。

 

実際に「ふるものプレゼント」を選んでみる

昨日、古物好きの友人と訪れたリサイクルショップ。ちょうど知人へ贈る誕生日プレゼントのことを考えていたので このお店で探してみることにしました。

 

リサイクルショップには「アタリ日」がある!

カッコ良くディスプレイしてあるわけではないし、埃もかぶっている商品もあるけど いつものごとく倉庫のような店内にて「宝さがし」。

 

すると、なんとその日は「アタリ日」でありまして いつもよりたくさんのレトロ雑貨や古道具が出ておりますっ。

 

かねこの豆知識。

※ 買取だけでなく市場で仕入れもするリサイクル・リユース品ショップは仕入れた日の翌日などには たくさんのお宝が店頭に並んでいます。そんな新しい商品がたくさん並ぶ日を かねこは「アタリ日」と呼んでいます〜。「次に古物が入るのはいつごろか」たずねると、次の入荷日を教えてくれる店舗もあります。

 

そして、そして〜。 選んで買ったのは こちら。 

リサイクルショップで買ったプレゼントとお土産用の雑貨4点
けっこう古そうなモノたちで、色もカッコ良いし満足です。

 

● 缶やビン類はモノを収納できたり、使い方の幅が広いので好まれやすいです。

● 贈る相手がめずらしいものも好きなので今回は昔の調理器具を見つけて選びました。

 

本日のリサイクルショップは 大型店ではなく、個人店舗です。大きな倉庫に洗濯機などの電化製品からスーパーでも売ってあるようなプラスチック台所製品、調理器具、そして昔の古い家具(椅子やランプ、ラジオなど)もたくさん並んでいました。

 

家族へのお土産を含めて、4点の買いましたが トータルの値段は。。。

 

全部で1250えん。安いっ。150えん〜500えんまでの品物です。

プレゼント用に買ったリサイクル品の古物調理器具

一緒に買い物した友人も 「それプレゼントにいいね!」と言ってくれて広い店内をいっしょうけんめい探したかいがあります。へへ。あとは贈る相手が同じように思ってくれればうれしいな。

 

相手のことを考えて、選ぶ自分も楽しくなる「贈り物えらび」。無難なモノではなく、使い道も多様でアレンジもできるオシャレな「ふるもの」を選んで、贈ってみてはいかがでしょうか。
 

[ 図鑑番号ー51ばんーレトロ雑貨科 イッテンモノノオクリモノ]